読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蘇った!ペンタの蹴球日記

あの世から蘇ってきた蹴球老人の日記

ペンタ調子にのる

GWも最終盤。みなさまいかがお過ごしかや?

 

わしらは月曜日にBBQをやったぞよ。当日は、ほどよくHGデブの方に煙がながれる程度に風が吹き、陽射しの加減も、気温もちょうどよく、最高であった。

 

もちろん、芝生でフットサル。

 

気持ち好いのである。

 

わしは子ども相手にドリブルしていたのじゃが、目の前に立ちはだかったON砲に、「大人とはいえ怪我人じゃし、ドリブルで抜けるじゃろう」と右足アウトでターンしようとした。ところが、いかんせん体重が重く、左足で芝生を蹴ったつもりが、裸足じゃったゆえ、つるりとすべり、重心を崩した、その瞬間にぐりりと嫌な音がし、そのままどてっと崩れ落ちた。

 

左足の土踏まずの上の方、親指の付け根の下あたりがひどく痛い。そんな部分を炒めた、いや痛めた経験はないし、かなーりの痛みであったので少々不安になる。じゃが、ここで怪我をしたなんて恥ずかしい姿は、たとえ仲間であろうと、見せられないのである。わしは起き上がり、遊びを続けた。

 

なんとか、最後まで遊び、家に帰って充分アイシングしたまではよい処置じゃったが、今日になって腫れて来て、スニーカーも履けないような具合になってきた。

 

   春芝生 調子にのりこけ 55歳

 

☆        ☆        ☆

 

だいたい、今までは怪我をした左足をかばい、痛みが出るのはたいてい右足の方だったのじゃが、今日になって痛いのは、左モモ、左膝、左土踏まずと、ぜんぶ左脚である。この一事をもってしても、わしが如何に調子にのっていたか分かろうというものである。

 

☆        ☆        ☆

 

ところで、「怪我をするとみょーに腹が減る」という法則があるのではないじゃろうか?

 

わしは、今日になり、スーパーへ買い物に行くのも辛いほど、左足が痛かったのじゃが、昼にイタリアンの大盛りと餃子と草団子とアイスを食べ、夕飯もご飯山盛り二杯食べ、さらの今になってどうしてもラーメンが食べたくなり、誘惑に負けつつあるところである。

 

ああ、どうしよう。

 

☆        ☆        ☆

 

さて、最近、オヤックスのメンバーからこのブログの感想を言われることがあるのじゃが、「タイトルと書き始めと最後で内容が違ったりする(のがいい加減で面白い、もしくは、読んでいたずっこける)」ということを聞かれたし、わしも気になっていたところなので、この辺で言い訳をしておく。

 

まず、このブログには、「アクセス解析」という機能がついていて、ブログを見た人が、どんな風にこのブログに興味を示し、やって来たかが分かるようになっている。

 

たとえば、Googleで、「ハリルホジッチ 高評価」などと検索して、やって来た人間が2人いた、ということが分かるのである。

 

もちろん、どの記事を書いたあとで、反応が良かったかも、分かる。

 

というわけで、記事のタイトルは、大袈裟に大仰に掲げる。その方が、大勢の関心を呼ぶだろうと推測しているからである。

 

☆        ☆        ☆

 

じゃが、いざ記事を書き始めると、どうしてもすこしギャグみたいなことを言いたくなる。しかし、たいていうまいギャグが浮かばない。従って、しょーもない書き出しとなる。

 

続いて、テーマに入るわけじゃが、その頃には疲れ始めていて、展開力やら、まとめる力がなくなっている。

 

このブログの記事を書きながら、副業の方のちゃんとお金のもらえる記事ももうよっとまとめたほうが良いよなとか、そっちも気になり、焦ったりもする。

 

早く録画したビデオが見たくなったりもする。

 

はてなブログは、やたら重い!

 

もちろん、今夜のように腹が減り、スーパーまで買い出しに行きたいとか、そんな衝動が強く湧いてくる日も多い。

 

yahoo知恵袋で、「薬局に毎日通う方法」などとスマホで検索したりすると、夢中になって読んだりしているときもある。

 

ということで、様々な事情があり、このブログの記事にはたいていの場合、タイトルと、書き出しと、おしまいでは、まるで違った内容になっているのであーる!

 

とっちらかって、おしまいになるので、あーる。

 

☆        ☆        ☆

 

と、威張ってみたが、わしもときどきほかの人のブログを読んだりもするが、たいていは少なくとも構成に関してはしっかり書かれている。

 

みなさん、読んでくださいね!っていう感じの丁寧な感じのブログが多いようじゃ。

 

すくなくとも、こんなにいい加減に書かれているブログはあまり見かけないのぉと、反省したりもする。

 

以前は、長くなっても、考えては、書き進み、書いては考えているうちに、あっという結論になったりして、わしも大いに楽しんだ。

 

文字に書いてみるということは、自分で自分とお話しをしているようなもので、前から考えていたことをいざ文字にすると、いや、それも違うな、と思ったりする。そこで、消してしまったり、消さずに否定を追加してみたり、いろいろ工夫するのが面白いところじゃが、それをやるにもかなり集中力がいる。

 

現在わしは、ちょっと集中力が継続しない状況になってきておるのじゃが、そのうちに戻ってくるであろう。

 

☆        ☆        ☆

 

といわけで、ブログの記事に関しては、まだ調子にのっていないペンタであった!

 

今夜はこの辺で!