読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蘇った!ペンタの蹴球日記

あの世から蘇ってきた蹴球老人の日記

対シンガポール戦

いやはや、ハリルホジッチのサッカーの無策さには驚いてしまった。

ペンタです。

☆        ☆        ☆


最初からびっくりした。
どういうことなのじゃ?

 

岡崎と香川のポジションががかぶっているのである。
しかも、二人して相手DFラインの周辺ばかりをウロウロしているのである。、
その裏をつこうとか、バイタルエリアまで引いて受けようとか、工夫がないのである。

二人は本来センターフォワードとトップ下の関係であるから、
縦の距離間が大切である。

解説のごん中山の言葉を借りれば、ギャップがほしいところである。

こんなことは、ごん中山に言われるまでもなく、常識である。

ただ、岡崎はもともとポストプレーが得意なタイプではなく、
下がって待っている香川にうまく落とせる可能性は低い。
二人が縦の関係になっていても、チャンスがつくれたかどうかは不明である。

 

こんなことになってしまうのあれば、岡崎ではなく豊田をつかうべきであった。
豊田のようなタイプは世界では通用しないだろうが、アジアでは使える。

(ちなみに大迫は大嫌いなので)

 

なんにせよ、香川は前を向いてペナルティエリアに入ってなんぼの選手。
岡崎は裏を狙ってなんぼの選手。
二人の特性がまったく生きない配置とポジションどりであった。

なんでだ?


だが、柴崎、長谷部のコンビもほとんど岡崎、香川を見ていない。
本田ばかりを見ている。

確かに、本田の足元に入り、チャンスは生まれたが、本田ばかりではどうしようもない。

途中から岡崎の足元にも入りだすが、DF付近にいるFWへの足元へのパスは
よほど芸が達者でないと、ゴールに持込ないのは誰もが知っているとおりだ。

だって、相手のDFはそこだけはやられるまいと懸命なのだから。

ということで、今日の攻撃を一言で言うなら、攻撃に「深み」がなかった。

 

☆        ☆        ☆

 

さらに、時間が経つに連れ、オラオラ本田とオレオレ宇佐美が内側へ入ってくる。
まったく幅というものを使えない状態となり、攻撃が中央の偏る。

 

そうなんだよねー。
こういうのは、監督ががつんと言わないと、みんな内側へ入ってくるんだよねー。

 

さらに、左サイドは多少大田を使って幅があったが、アーリークロスばかり。
深くえぐってのクロスはない。

 

アーリークロスって、実は対応しやすいんだよね。
(やっぱりサイドはえぐりだよ、えぐり)

 

右サイドに至っては醜かった。

まったく本田が開こうとしないので、右サイドのスペースがまったく使えない。

テレビの前でイライラした人も多かったに違いない。
それを誰も指摘できないのだから、本田も偉くなったものである。

はやく中田英寿くらい偉くなて、とっとと旅に出てほしいものである。


おかげで、代表の攻撃には右サイドからの攻撃はなくなった。

 

ということで、今日の代表の攻撃をもう一言でいうなら、「幅」がなかった。


☆        ☆        ☆


しかもである。

この傾向は、前半30分過ぎから見えていた。
シンガポールはすっかり日本の攻撃になれ、自信を持ってプレーしはじめ、
膠着状態になった。

ここで、わしが監督なら、後半交代する。


      大迫(大嫌いなんだけどね)
 
武藤          永井
     宇佐美


これである。


岡崎は、実は前回からまったく好いところがなかった。
現在の配置では、岡崎良さは出ない。

従って、交代。まだ大迫の方がポストに立てる。

 

本田は、スピードがないことばバレており、
サイドの広いスペースも使えていない。
脅威になっていない。従って交代。
彼の我とエース気取りがむしろマイナスになっている試合である。
代わりに永井ど開いた位置で走らせる。

これによって、中央に隙間が生み出せる。

 

香川は顔が辛気臭いので交代。
辛気臭い奴がいると集団も暗くなる。
中央に曲線的なドリブルのできる宇佐美、
左にスピードのある武藤を置く。

これで、左右それぞれでスピードで一枚はがせる選手を置くことによって、
場合によっては、相手DFを二人引き付ける。

役割分担が明確である。

ところが、ハリルホジッチの後半は


宇佐美 岡崎 香川 本田

の4人が並んでしまった。しかもDFライン上にである。


これで、チャンスを作れといわれても、
わしが柴崎でも、無理である。


ま、わしが柴崎なら、流れのなかからこうする。

       本田

 香川    宇佐美    岡崎


というわけで、今日の試合の後半には、「修正」がなかった。

 

(普通、岡崎は察して右サイドにまわるはずだと思うのだが、

どういうわけか、この日は中央一辺倒であった)

 

☆        ☆        ☆


攻め込まれたところからカウンターの機会もあったが、
純粋なスピードタイプがいないので、本当のカウンターになっていない。

 

パスが2、3本余計なのである。

で、相手のDFが間に合ってしまっている。
(GKはごく普通のプレーだったと思う)

 

縦に速いと言っておきながら、スピードのある選手を起用しないのは、
どういうわけなのであろうか?

口だけということなのか?

 

ということで、今日の代表の攻撃には、スピードも実はなかった。


☆        ☆        ☆


さて、最後に一言。

選手を代えないと、違った結果は出てこない。
今夜のサッカーは高校生以下である。

今夜はこの辺で。